スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと… 
終わったーーーー!!

なんとかお仕事のヤマ場を乗り越えたようです。
先週来、疲れからか体調も微妙な感じになって来ていたのですが、
どうにかこうにか乗り切りました。

昨日・今日は、会社に外部監査機関を招いて、
監査(というか審査)を受けた2日間だったのですが、
心配されたほどの重大な指摘もなく、まずまずの結果となりました。
その活動の中心的なところを担わされていた重圧から、
とりあえずは開放された感じです。
ま、この後も活動自体は続くので、「終わり」はないんですが、
とにかく今は一段落です。

ここ半年以上、この日のためにずっと準備をしてきたので、
年明け早々に乳がんが発覚した時はどうなることかと思いましたが、
幸い治療も順調だし、
監査の方にも迷惑をかけずに済んだことがうれしいです。
自分の身体(命)が大事なのはもちろんですが、
かといって、この活動をまっとうすることも、
私にとっては大切だったんです。
どちらも悔いなく進めることが出来て本当に良かった。

監査が無事に済んだことで、
仕事ペースをゆっくりにすることができそうです。
\(⌒▽⌒)/ヤッター!!
かなり多忙な日々が続いていたことで、
心配してくれた方がたくさんいましたが(多謝♪)
これからは時々休みをもらって、
身体をいたわりながらお仕事していきます。
さすがに疲れましたもん。

今度こそマメにブログ更新できる生活が出来るかな??
とはいっても、3月期末はやっぱり忙しいんですけどね。

とりあえず、今日はゆっくり眠れそうです^^
スポンサーサイト
大病院は時間がかかる その2 
※これはgooブログから引っ越してきた記事です。若干修正しています。

前回の記事の続きです。

「マンモグラフィー(乳房撮影)を撮って、その後で先生の診察になります」
ということで、1階の「放射線科」受付へ行きました。
たぶん12時50分くらいだったと思います。
「○番の部屋で呼ばれるので、近くで待っていてください」
廊下にあるモニターに、どの部屋が何人待ちかが表示されています。
自分の順番は3人目くらいでした。
3人目ならすぐかな? と思っていたのですが、これがまた甘かった^^;
他のレントゲン室は次々と呼ばれて進むのに、
MMGの部屋は1人が入るとなかなか出てこないんです。
…結局、40分くらい待って、ようやく呼ばれました。

中へ入ると、4畳くらいの部屋に撮影用の機械がありました。
「上半身の服を全部脱いでお待ちください」と、女性スタッフ。
話には聞いていましたが、マンモは初体験です。
乳房をアクリル板のようなもので挟んで、薄~くのばしたところを撮影します。
片胸ずつ、上下に挟んで1枚、左右に挟んで1枚…と撮っていきます。
かなり圧迫して、引っ張るようにしてのばすので、結構しんどい撮影ですね。
おもちをつぶしたみたい…と表現した友人がいましたが、まさにそんな感じ。
右胸2枚、左胸2枚と撮った後、しこりのある辺りを中心にもう1枚、
全部で5枚を撮影しました。

「現像して渡しますので、着替えてお待ちください」
そうかー。だからこんなに時間がかかるんだな、と納得しました。
1枚1枚の撮影にも手間がかかるし(挟むのが意外と大変)、
現像待ちするのでは待ち時間が長くなるわけです。
結局、MMGには20分くらいかかりました。

渡されたマンモの写真を持って、再びブレストセンターの受付へ…。
時間はその時点ですでに2時になっていました。
「今日は外来の患者さんが多いので、時間がかかると思います」
聞いてみると12人待ちだという。12人って、多いんだろうか…??
風邪などで病院にかかった場合なら、
12人待ちといってもそんなに時間がかかるイメージはないですよね。
私もそんなイメージしか出来なかったので、結構軽く考えてました。
長くても2時間待ちくらいだろう、と。
(その予想が甘かったことは、後で思い知ることになります)
すると受付のお姉さん、電話番号を書いた紙を渡して、
「時間がかかりますから、いったん外出されて構いませんので、
3時半過ぎにこの番号に電話して、状況確認をしてください」
なるほどー。そういうシステムなんですね。

でも1時間半っていうのは微妙な時間です。
近いとはいえ、会社に戻って仕事するには中途半端な感じです。
仕方ないので、会社に電話して今の状況を説明し、
近くの喫茶店で時間をつぶすことにしました。
チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、チ…
ようやく3時半。電話を入れてみます。
「まだあまり進んでいませんので、4時半頃にもう一度お電話をお願いします」
ええ~。最初から4時半って言ってくれたら会社に戻ったのになぁ!
と思ったけれど、仕方ありません。
辛抱強く4時半まで待って、再度電話すると、
「5時ごろまでにお戻りください」
やっとだなー、と思い、5時少し前に病院に戻りました。
ブレストセンター前の廊下には、まだ待っている人が何人もいました。
昼間、他の科の周辺には大勢の患者さんがいましたが、
病院内はすでにガランとしていて、
この時間になっても人がたくさんいるのはここだけのようでした。

それにしても、なかなか名前を呼ばれない…。
だんだん辺りの照明も落とされ、
ブレストセンターだけが残されているようでした。
結局、ここまで来てやっと気付いたのですが、
受付時間ぎりぎりで紹介状もなしに外来に飛び込んだ私は、
順番的には一番ビリだったのですね。
ようやく名前が呼ばれ、「中の待合室」に通されたのは、
もう6時を回っていました。(更に続く…)

大病院は時間がかかる その1 
※これはgooブログから引っ越してきた記事です。若干修正しています。

*だいぶ空いてしまいましたが、
 12月26日に右胸にしこりを確認、
 翌27日に会社のパソで病院選びをした後のお話です。

*******************************************

病院の受付が11時までと分かって、急いで会社を出ました。
S病院は、会社から車で約10分程度のところにあります。
距離で行くと3キロ弱…ってところでしょうかネ。
タクシーで乗り付けて到着すると、もう10時半です。
受付、受付…って、どこだーい??

大病院って、そこのシステムを把握するまでが大変。
一応、分かりやすく案内表示してあるはずなんだけど、
初めての場所って、どうも苦手でなんですね。

なんとか「初診受付」の窓口を見つけて、
新患受付用の申し込み用紙を書き込んで、提出。
「紹介状はお持ちですか?」
…当然、持ってないわな。
会社内にある診療所の先生に頼むことも出来たでしょうけど、
年末だったし、時間的な余裕がありませんでしたからネ。
ちょっと無謀だったのかなー、という不安を覚えつつも、
受付を済ませ、診察券を作ってもらいました。
係りのお姉さんに診察券と受付票を渡されて、
「2階の○番、ブレストセンター(乳腺外科)カウンターに出してください」
さすが大病院。科がたくさんあります。
おかげで少々迷子になりかけましたが、
どうにか目指すカウンターにたどり着きました。

カウンターに受付票を出すと、紙を渡されました。
問診票の記入です。
来院の理由、症状や病歴、アレルギーの有無、
飲んでいる薬の種類などを書き込んで渡します。
その後で看護士さんが詳しく問診するので、
呼ばれるまで待ってください、と言われました。
広い廊下にズラリと並んだ長椅子に座って待ちます。
科が科なので当然ですが、待っているのは女性ばかり。
年代は様々で、20代くらいのお姉さんから、
6、70代くらいのおばあちゃんまで様々です。

………だいぶ待ちました。かなり待ちました。
ようやく名前が呼ばれたのが12時半過ぎ。
しこりの位置や発見時期などを看護士さんが聞き、
それをパソコンに入力していきます。
つまりは私個人のカルテの元になるデータを作成しているのですね。
(この病院はあらゆることがコンピュータで管理されてました。スゴイ!)
数分間の面接(?)で問診終了。ふうε=( ̄。 ̄;A

「これからマンモグラフィー(乳房撮影)を撮って、その後で先生の診察になります」

…そう、これはほんの入り口。
診察を受けるまでの道は、まだまだ続くのでした。(続く)

春の気配 
※gooブログとの統合のため、一部修正しています。

忙しい1週間でした~ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ

先週、点滴を受けて以降、
体調は良くてなによりだったのですが、
あまりにも仕事が忙しくて、
ほとんどネット出来ない状態でした。

家に帰ってから、
時間が作れないわけではなかったのですが、
点滴の影響なのか四六時中眠く、
帰宅後は食事と風呂がやっとで、
すぐにコテンと寝てしまうんですネ。

この忙しさも今月いっぱいでヤマ場を越えるので、
あとちょっとの辛抱、というところでしょう。
たぶん。
ホントは病気が分かった時点で、
もう少し仕事は楽にしてもらえるはずだったんだけど、
思っていたより体調が良かったことが、
かえって災い?したみたい…^^;
ま、性格的にも仕事をほっとけないところがあるので、
病気が妨げにならずに済んでよかったんだけどネ。

そんなわけで、とっても元気に過ごしています。
ずっと放置状態で、無事なのか!? と心配してくれたみなさん、
心配かけちゃってごめんなさい。
普通の人よりよっぽど元気がいいみたいです^^;
食欲も旺盛で、最近は普段の1.3倍くらいの量を食べてます。
ホントに病人っぽくない感じですね~。

********************************************

そんなこんなで、駆けずり回ってる間にも、
春は確実に近付いて来てるのですね。
先週末にちょっと散歩した時、
木苺の新芽が出ているのを発見しましたヨ^^
もうそんな季節になったんだなぁ…。
この冬はひときわ寒さが厳しいけれど、
春の気配はちゃーんとやって来るんですねぇ。

仕事がひと段落するころには、
もう3月になるんだものねぇ
梅の花もきっともうすぐ。
私の大好きなモクレンの木も、
しっかりとツボミをつけて春を待ってます。
ああ、楽しみ♪

mokuren
昨日は、 
20060209224217

2度目の点滴でした。
経過は順調でよかったのですが、
朝9時半に病院行って、終わったのは3時…。
長っ><

病院を出て遅い昼ご飯を食べ、
銀座まで出てもう1個の用事を済ませました。
のんびり歩いて帰る途中、お気に入りの橋のところで、
夕焼けがキレイだったので、パチリ!と一枚。

そのまま家まで歩いて帰るつもりだったのですが、
この後、だんだん風が冷たくなり、
途中でバスに乗って帰りました。

それでも、銀座から門前仲町まで歩いたので、
さすがに疲れました~。
ウォーキングはわりと得意なので、
距離的(たぶん5~6キロ?)に問題はなかったんですが、
履いていた靴がウォーキング向きじゃなかったようです。
普段は運動靴なんですが、
ちと銀座に行く用があったので、
マジメな靴を履いてたのですね。┐( -"-)┌ヤレヤレ...

そんな体力があるくらいですから、
今日ももちろん元気です。はい。(⌒▽⌒)
副作用あれこれ その2 
※これはgooブログから引っ越してきた記事です。若干修正しています。

【眠気】

抗がん剤を投与して、最初の1週間は特に感じなかったのですが、
2週目に入ったあたりから、眠気を感じるようになりました。
これが薬の副作用なのかどうかは、少々怪しいところなのですが、
夜、かなりの睡眠時間を取っているにもかかわらず、
仕事中も、食事中も、TVを見ていても、とにかくすぐに眠くなってしまいます。
朝ももちろん眠いのですが、これは1年中ツライことなので除外ですかね?

まぁ、元気があるとはいえ、一応闘病中。
あまり自覚がないとはいえ、やはり疲れがあるのでしょうか。
身体を休めなさい、という信号なのかな~、と思っています。
といって、仕事中に居眠りするわけにはいきませんから、
そこはなんとか頑張っていますけどねー。
会議中とか、つらい時があります。はい。


【歯茎が…】

副作用では免疫力が下がることに加えて、粘膜も傷むそうなので、
口内炎や歯肉炎が起こりやすくなる、と言われました。
そのため、口内の炎症を最小限に抑えようと、
殺菌力のある液体歯磨きを使って丁寧にブラッシングしています。
それも通常よりこまめに回数を増やしたりして。
(今までは、酔っ払って歯磨きをサボることが時々ありましたから…)

…それでも、やっぱり炎症するんですねぇ、歯茎が。
もともと、炎症を起こしやすい箇所がありまして、
ブラッシングをちょっとサボると、腫れて出血することがあったんですが、
こんなに清潔な状態をキープしているのに腫れるなんて、
通常では考えられません。
やっぱり副作用は侮れないんだなぁ、と変に感心してしまいました。
免疫力も、お薬の投与を受けてから「下降期」と「回復期」があるようで、
そろそろ回復期だな、というあたりからは炎症も治まってきています。
体って正直なんですね。

口内炎は今回、出来なかったのですが、
これとて2回目以降、どうなるか分かりませんネ。
油断大敵です……。

副作用あれこれ 
※これはgooブログから引っ越してきた記事です。若干修正しています。

抗がん剤投与から17~8日経過しました。
もう数日で3週間、2回目の投与となります。
まぁ、以前書いたように、ツライ吐き気などはなく過ごせていますが、
それ以外にもいろいろあるので、今日はそんな副作用について書いてみますネ。


【脱毛】

抗がん剤を投与すると、毛髪が抜けるのはわりとよく知られた話ですね。
病院での説明では、1回目の投与を受けてから、
2週間目から3週目にかけて抜け始める、ということでした。
個人差はあるということでしたが、自分もちょうど2週間経った日に、
頭髪の脱毛が始まりました。

抜け始めの初日は、手ですいた時にちょっと抜ける程度。
次の日は洗髪時に手ですくと、ゴソゴソと抜けました。
あらかじめ短くしていたし、いずれ抜けることは分かっていましたが、
通常ではありえない量の髪が抜けるのを目の当たりにするのは、
ショック…というよりは、オカルトっぽくて気持ち悪かったですネ。
すいてもすいても抜けるので、
どこでやめていいのかが分からなかったのが困りました。^^;
どこかで抜ける量が落ち着いてくればやめられるんだけど…
タオルで拭いても、たくさんついちゃうしネ。
毎日結構抜けるのに、そんなに一気にはハゲないから、
髪の毛って案外多いものなんだなー、なんて思いました。
徐々に薄髪になっていく感じで、途中はパンクっぽい時もありましたよ^^

脱毛から5~6日経った現在、ほぼ全体的に抜け、
うっすらとわずかに残っている状態です。
うーん、掛布クンくらいのスケスケ感かな~(こんな発言、怒られる?)
これもいずれキレイに抜けちゃうのかなぁ?
北風が頭皮にしみます・・・・・。

抜けている途中の悩みは、かゆみでした。
抜け落ちそうな毛根がモソモソしてかゆいのか、
露出してきた頭皮に毛髪があたってかゆいのか分かりませんが、
カツラをかぶった内側がやたらとかゆかったのには参りました…。
会社じゃ外して掻くわけにいきませんでしたから^^;
今はだいぶ抜け切ってきたので、かゆみも治まりつつあるようです。
こんな話も何ですが、ワキの毛と下の毛も半分くらい抜けました。
そのうち、まつ毛や眉毛、鼻毛も抜けるらしいです。
「肌がカサつくようになりますよー」って言われていたから、
うぶ毛も含めて、体毛という体毛が全部やられちゃうんでしょうね。
おそるべし、抗がん剤…。


【食欲】

最初の1週間はやっぱりなんとなく変でしたね。
吐き気止めも飲み薬も処方されて、1週間は飲んでいたので、
一応普通に食事は出来ましたが、
通常の7~8割の量を食べるのがやっとでした。
まぁ、フツーに、ちょっと胃の調子が悪い時くらいの感じですが、
食べ終わると多少はゲプゲプとしましたし…。

1週間が過ぎると、そんなもったりした感じはなくなり、
今度はびっくりするほどお腹がすいて、たくさん食べるようになりました。
通常の量を食べても、全然満腹感が得られず、プラスαを食べてしまいます。
体がエネルギーを必要としているみたいで、
こんなに~?ってほど食べていても、体重の増加がありません。
不思議なものですねー。みんな燃やしちゃっているみたい。
ちょっと前までは年齢的なものもあってか、気をつけて食事をしないと、
すぐに体重がボン!と増えていたのに…。
このままの食欲で胃がどんどん大きくなって、
カロリーを燃焼しきれなくなったら…と思うと、コワいですねー^^;
まぁ、抗がん剤投与の度に、食欲の増減を繰り返すのだろうから、
ちょうど良く出来ているんでしょうかねぇ。

味覚も変わってくる…といか、味が分からなくなってくる、
という話がありますが、今のところその辺の変化は実感ありません。
これから変わってくるのかなぁ?
でも今は味より量を重視しちゃってますけどネ~(⌒▽⌒;)


まだまだある「あれこれ」は続きます…^^;

何日ぶり?^^; 
今週もなんだか忙しい1週間でした。
疲れたー!!
当初の予定では、
もうちょっとこまめに更新できるはずだったのに、
一応病人?なんだから、
こんなに忙しくしちゃいけないよなー(⌒▽⌒;)

今日はようやくのお休みだったので、
ゆっくりのんびりと過ごしました。
起きたのはお昼近かったのに、
お昼寝もたっぷりしちゃいました~^^;
でもまだ眠い・・・・・(*´0)ゞファァ~~♪

お薬の影響なんでしょうか、
毎日やたらと眠いんです。。。。
朝起きるのも一段とツライし、仕事中も、
うちに帰っても、とにかく四六時中眠いんです。
まぁ、体を休めろっていう信号なんでしょうね、きっと。

食欲もあります。これも、
食べられる期間のうちにどんどん食べとかなきゃ~、
ってことを、意識しているわけでもないのに
体が分かっているんでしょうね。
すごくお腹がすいて、びっくりするほど食べてるんです。
なのに体重が増えないの。不思議なもんです。
ま、来週は2度目の点滴を受けるから、
数日は食欲がイマイチになるので、ちょうどいいのかな。

髪の毛もとうとう抜け始め、だいぶスカスカになりました。
寒波がいっそう身にしみます~。
ヅラ生活は慣れたので、外での生活に影響はないんだけど、
抜けるときって結構かゆみを感じるのが困りものでした。
ヅラの内側がかゆいんだけど、
どうにもならなくってね~^^;
もう数日で抜けきる感じだから、
そしたらかゆみも落ち着くでしょう。

…そんな1週間でした。
あんまりあちこち見にいけてないなぁ。ゴメンチャイ
また眠気が押し寄せて来てるので、
早々に寝ちゃうかも。。。(o_ _)o
ではでは・・・☆。.:*:・'゜ヽ( ´ー`)ノ またね~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。