スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウツの考察(私見) 
カモさん

周囲の人によく「考え方が暗くなるのか?」って聞かれたりしたんですが、
そういうのとはちょっと、違うみたいですね。
「憂鬱」にはなるし、ウツの状況が長く続けば悲観的にはなるかもしれないけど、
思考状態はむしろ「停止している」という表現の方がピッタリだと思います。

それから、「考え方がネガティブだとウツになる」というものではありません。
ウツは心の風邪…なんていわれているから、
精神的な病気っていう印象が強かいと思われるけれど、
自分がなってみて思ったのは、心の病気、というよりは、
身体の機能がおかしくなる病気だ、というのが実感です。
ストレスや疲労などが重なったことが原因となり、
脳内で作られる特定の物質が著しく欠乏する、一種の機能不全により、
日常生活に不都合が起きてしまう病気。
パソコンでたとえるなら、ソフトが悪くて起きる異常ではなく、
ハード的な故障に近い感覚です。
スイッチを入れても電源が入らないとか、そういう感じ。

だから「考え方」云々は、まったく見当違いなんだと思います。
ストレスを溜め込みやすい性質、とかはあると思いますけどね。

また、ウツの状態がひどい間、体調はお天気に左右されていました。
この病気、不思議なもので「低気圧」が接近すると具合が悪くなるんですね~。
低気圧の時の具合の悪さは、どう表現すればいいのか難しいんですが、
頭の中がぐわーーーんと圧迫されたように重くなって、
地球の引力が3倍くらい(もっとかな?)になったように感じるんですね。
頭痛…というのともちょっと違う。
もちろん人によっても違うんだろうけど、私の場合、
ちょうど顔の頬骨のあたりをげんこつで両側からグリグリとされているみたいで、
気持ちが落ち着かず、無性に気分が悪く、酸素も薄ーく感じる。
台風とか、春一番の時には、それはもう壊滅的な体調になってしまいます。
私は「自殺願望」にはハマらずにすみましたが、
あの気分の悪さは、何か方法があれば「終らせてしまいたい」衝動がありました。

台風ほど強い低気圧でなくても、そこそこのダメージを受けてしまうので、
毎日、パソコンの天気予報で「気圧配置」をチェックするのが日課でした。
今はだいぶ回復したので、低気圧の影響も受けなくなってきましたが、
「あー、気圧、下がってきてるーー」っていう気配が、
天気図を見なくても感じ取れるようになっていましたよ。
気圧と体調って、何かしらの因果関係はあるといわれてますが、不思議ですよね。

 

秘密コメントにする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。