スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会復帰 その2 
復職してからのお話の続きです。

6月の半ば、精神科の先生から「終日勤務OK」の診断書をもらい、
いよいよ終日のフル出勤が始まりました。
これでもう、完全に普通の生活に戻れたのだと喜んでいました。
しかし日が経つにつれ…終日勤務はやはりハードだったのでしょうか、
どうも体調があまり上向きとはいえない様子です。
なんだかいや~な感じの「しんどさ」がぶり返しているようなのです。

順調だったはずなのに、一体どうしたんだろう?
やっぱり復帰を急ぎ過ぎたんだろうか…?
あれこれ考えているうちに、ふと、思い当たることがありました。

そういえば、生理が戻ってきた時、乳腺科の先生は言っていました。
「最近、安定してたでしょ?」
たしかにその頃は、ウツ状態はすっかり陰をひそめていたし、
更年期的な症状もあまり気にならなかったっけ…。
それはつまり、ホルモンの状態が正常に戻ってきていたから、ということ。
それを強引に、注射で再び抑えてしまったわけです。
当然身体はホルモンバランスを崩し、いきなり更年期状態に逆戻り。
ウツがぶり返すのも無理はありません。

そんなわけで、7月は散々でした…。
せっかくフル出勤に戻った勤務状態でしたが、
気分がすぐれず、休みがちな日々が続くようになったのです。
このままでは有給休暇もあっという間に使い切ってしまうし、
何より再び休職状態に戻ってしまう可能性もありました。
それだけは何とか避けたいところです。
会社側と相談し、再び半日勤務に戻して様子を見ることになりました。
また精神科の先生にも、ホルモン注射以来、症状が悪化していることを伝え、
処方する抗ウツ剤を変えてもらいました。
新しい薬は、抗ウツ効果の高いものでしたが、
今まで飲んでいた薬から切り替える際に、服用量の調整期間が必要だったため、
十分な効果が出てきたのは、8月になってからのことでした。

(もう一回続きます…)

 
みい #-
 
前のも これも・・・ちゃんと 読んでるよ^^
kazrin #-
みいさんへ 
うんっ^^
:*:゜・☆ヾ(・_・。)ありがと♪

秘密コメントにする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。