スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会復帰 その3 
水遊び

8月以降は、新しいお薬の効果もあって、
症状もだいぶ回復し、不安定さがだんだんとなくなってきました。
話しかけられたり、何か聞かれたりしたときも、
頭の中が混乱したり、思考停止したりしなくなってきました。
ひどい時は「風来さん、最近は調子どうなの?」と聞かれただけで、
「え~とぉ……」となったきり、ぱたりと思考停止しちゃってましたから。

また、ずっとつきまとっていた「おっくう感」も薄らいで、
本を読んだり、手芸をしたりという、
それまで出来なかった趣味に没頭することが出来るようになりました。
仕事の方も、やっとの思いで会社に来ていた頃とは異なり、
だいぶしっかりした前向きな気持ちで出勤できるようになって来ました。
勤務時間については、現在もまだ時間短縮ではあるのですが、
当初の失敗を踏まえ、焦らず徐々に、時間を延ばしている段階です。
だいぶ時間も延びてきたから、もうちょっとというところでしょうね。

また、人と会ったりすることも苦にならなくなりました。
人の多い場所へも、堂々と出て行けるようになりました。
…こう書くと、なんか変ですよね?
けれど、少しずつ自信がついて来たというか、
こういう当たり前のことが、当たり前にできるようになったのです。
症状の重いときには、当たり前のことが全く出来なかったのですから。
今では、やっと以前の自分に戻れたような気がしています。

とはいえ、ホルモン治療はずっと継続しているため、油断は出来ません。
抗ウツ剤も、まだ継続して服用中です。
先生の話だと、人は季節が冬に向かうときにウツになりやすいそうなので、
冬場の様子を注意深く観察し、大丈夫そうなら徐々に薬を減らしていくそうです。
つまり、今の時期は、かなり気をつけなければいけないということですね。
油断せず、焦らず、調子に乗らず…が大事なのかな。
このまま、こんどこそぶり返すことなく、完全回復したいものです。

(社会復帰の巻 終り)

 
#
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密コメントにする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。