スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストパー体験 
風を受けて

前回ちょこっと書いたように、最近クセ毛が伸びてきて収拾付かなくなってきたので、
とうとう美容院に行ってストパーをかけてきました。
ストレートパーマにするか、縮毛矯正にするか?で決めかねていましたが、
まっつんつんにするなら縮毛矯正、自然なストレートならストパーだというので、
まずはナチュラルにストレートパーマをお願いしました。

実は私、ストパーは初体験だったので古いイメージしか持っていなかったのですが、
(髪全体に板を貼り付けるようにして伸ばすイメージです)
今は全然違うんですねー。
普通に薬剤を塗って、コームでしっかり伸ばすだけでした。
うっかり「板は使わないんですか?」なんて聞いたらやばそうだったので、
黙ったままひそかに時代の変化に驚いていました^^;
後で調べたら、板を使ってのストパーは10~15年以上前の技術らしいですね。
言わなくて良かったー(⌒▽⌒;)

で、気になる仕上がりですが、肩に掛かる長さのため多少のハネはあるものの、
概ねまっすぐでサラリとした髪になり、いい感じです。
「寝ぐせ」はどうしてもつきますが、簡単に直せるレベルになっています。
ドライヤーも気になる部分だけちょこっと当てればいいくらい。
時間も労力も大幅短縮です。すごいすごい。

髪のセットが朝の支度の大きなネックになっていたので、
この効果は計り知れないものがあります。
ホント毎朝、憂鬱だったんだから。
まー、これを維持するのには2~3カ月毎にかける必要があるのかもしれないけど、
何にせよ、1万円でお悩みが解消されるなら、安いものです。
こんないいものなら、もっと早くからやってればよかったなー。

(ユリカモメのフォトは、ボサボサ髪のイメージで選びました)
gooブログからのお引越し 
部屋のお片づけは遅々として進まないのですが、
ブログのお引越しはなんとか完了しました。
こういうのって、始めるまではおっくうだけど、
やりだしちゃえばなんとかなるもんですね。
部屋のお片づけもこういうふうにできるといいんだけどなー。

病気の記録としてはやや不十分な感もあるのですが、
読み返してみるといろいろ思い出しますね~。

半年間に渡る点滴治療と、真夏の手術、
そのあと1ヶ月半通い詰めた放射線治療。
ヅラを約10ヶ月間かぶって生活していたのも、
今となっては貴重な体験だったかも。

その後の「ホルモン治療」と「定期健診」の項目がまだあいているけど、
そのへんはボチボチと埋めていこうかと思っています。
(気長に、気長にね!)

そういえば髪の毛。
今はもうだいぶ伸びてきましたが、生え変わってからはやっぱり、
「くせ」が強くなっていますねー。
毛質が変わると聞いてはいたのですが、これほどとは…^^;
もともと、若干クセ毛ではあったのですが、こんなにはキツくなかった…ハズ。
生え始めはもっとぐりんぐりんで、最近は少しましになったけど、
真上にピンピン跳ねた髪を、毎朝ドライヤーで必死に押さえつけています。
(それでも押さえきれずに跳ねてますが^^;)
ストパーかけたほうが楽かなぁ…と悩む今日この頃。
どうしようかなー。
今年の目標 
虹

明けましておめでとうございます。

年末からひいていた風邪もようやく治まり、
久し振りにカメラを持って公園を散歩してきました。
公園の噴水は風にあおられ、綺麗な虹を見せてくれました^^

先月というか、去年というか、ずっと続いていた不調さも、
年明けとともにずいぶん気分がスッキリしています。
まー油断は大敵ですが、トンネルは抜けたのかな? という感じです。
そんな気分が大事ですよね、きっと。

今年の目標なんてのも特に立ててはいないんですが、
去年が全く停滞した1年だったので、
今年は少しでも進歩できる年にしたいですネ。
写真をもっと撮りに行って、納得のいくものが撮れるようになりたいな。
機材は揃ってるんだから、腕を上げないことにはねぇ^^;
あとは…自宅の大整理も実行したいんだけど…
モノが多すぎて、コレがなかなか大変。どうなるんでしょうねー??
出来ることから少しずつ、やっていくことにしましょうか。

ここもマイペースながら続けていきます。
そういえば、記事のお引越しもまだ途中のままだな…^^;
それも今年はきっちり整理しなきゃね。
こんな状態ですが、今年もよろしくお願いします。<(_ _*)>
年末ですね… 


今年も残すところあと数日。
昨日、年内最後の通院日で、お腹にホルモン注射と、
精神科で抗ウツ剤をもらってきました。
相変わらず病院通いな1年で、やれやれといったところです。

実は…ホルモン注射の翌日というのは、調子を崩すことが多いんですよね。
私だけ…かなぁ?(毎回ってわけじゃないんだけどね)
なんか気力が萎えて、思考が止まってしまうんですよ。
今回もそんな感じです。
だからこの日記もね、なかなか書き進まずに、難儀しています^^;

最近…ここ2週間くらい、ずっとテンション低めが続いていたから、
今回は尚のこと、影響が出ているように思います。
睡眠導入剤なしで眠るようにしたのはいつからだっけ…。
お薬なしでも結構ぐっすり眠れてるから、そっちの方は問題ないはず。
クリスマスも実家で楽しく過ごして来たし…なのに何でかなぁ?
なかなか気分が回復しません。
欲しかったデジカメも購入したし、
年末調整は予想よりちょっと多めに戻ってきたし、
何の心配事もないハズなのに、心の状態というのは難しいものですね。

年が変われば気分も変わり、また運勢も変わるでしょうか。
何かとゴタゴタした1年でしたが、
それも今年いっぱいで決着をつけたいところです。
年明けからのジャンプアップに備えて、
もう数日はおとなしく過ごそうと思います。

みなさんも風邪など引きませんように…☆彡

「ひとがた流し」 
落葉

NHKで「ひとがた流し」というドラマをやっている。
土曜日の夜9時から、全3回で、次回が最終回になる。
  → http://www.nhk.or.jp/dodra/hitogata/

沢口靖子さん演じる主人公が「乳がん」に侵されて…というストーリー。
第1回の放送をたまたま、何気なく見ていたら、
「乳がん」という展開で思わず見入ってしまった。
登場人物が乳がんになるとドラマは、Dr.コトーなんかがそうだったんだけど、
なんか「違うなー」って感じがしていやだった。
けれど「ひとがた流し」は丁寧に作られたドラマで、そういう不快感はなかった。
等身大の女性がリアルに描かれ、身につまされるようなエピソードが多く、
感情移入しすぎて、見ながらボロボロと泣いてしまった。
仕事上での大きなチャンスを目の前にして病気を告知され、
自分の身体のことより仕事を選ぼうとしていた主人公が、
明日への希望を信じて治療を受け入れる決心をするくだりは秀逸だった。

置かれた立場は違うけれども、自分に重なる部分が多くあり、
治療当時のいろんなことが思い出されて胸が痛くなった。
自分も治療中には、仕事仲間にずいぶんと迷惑や苦労をかけたけれど、
今もこうして仕事を続けられるというのは、恵まれているんだよなぁ。
まぁ少々オマケの、へなちょこ期間ではあるのだけど…。
それでも普通の生活をしていられる「今」に感謝。

ドラマは次回が最終回。
予告では「再発した」という展開が見られたが、
他人事とは思えないので気になっている。
どうか幸せな結末でありますように。
準備運動 
赤い実

抑うつ状態から順調に回復してきている今日この頃ですが、
いまだ「短縮勤務」であることは先だってお話しした通り。
短縮の中身は、出社時間を遅らせて、退社時間は定時(18時)で帰るというもの。
最初の頃は14時~15時頃出社して、3~4時間で帰るような状態でしたが、
少しずつ、少しずつ出社時間を早めていき、
最近では11時台という「午前中出社」ができるようになりました。
まだそんなゆっくりなの! って笑われちゃいそうだけど、
これでもはじめの頃の倍くらいの勤務時間になったのよね^^;

でね、調子もいいし、年の切り替わりもあることだから、
どうせなら年明けの1月あたりから通常勤務ができたらなーと思案中。
が。ここでひとつ問題が。
睡眠導入剤のね、おそらく一番軽いのを現在は半分に割って飲んでいるんだけど、
それでもすごーく眠れちゃうんだ。最近。
それはそれでいい傾向だとは思うんだけど、
薬が効きすぎてるせいか、朝起きるのが結構大変になっているの。
一応、通常勤務の時に起きる時間に目覚ましをセットしているのに、
その時間にはまず覚醒しない。
+1時間半~2時間くらいは眠ってしまう。
前の晩、早く寝るとか、薬飲む時間を早めるとか、
いろいろ試しているんだけど、どうしても朝がクリアできない;;
ここを解決しないことには通常勤務は難しいんだよなー。

そろそろ睡眠導入剤なしでも大丈夫なのかなぁ?
飲まないとまた寝られなくなるんじゃないかっていう不安感があるんだよね。
もうそんなに悪い状態ではないはずなんだけど…。
とりあえずこの土日を利用して、薬飲まないで寝る練習をしてみようかな。
寝る練習って…変か。(⌒▽⌒)
雨の銀杏並木 
神宮の銀杏

金色に染まった銀杏並木を撮りに行きました。
銀杏はまだ散りきらずに残っていてくれたけど、その日はあいにくの雨。
青空をバックに撮ることができませんでした。

都内に住んでいながら、神宮の銀杏並木は初体験。
ほんっとに私って世間知らずなんだな^^;(出不精ともいう)
神宮に野球観に行ったこともあったのにねぇ?
しかし樹齢約100年の大木がずらりと並ぶ様はみごとでした。
形もキレイにそろっていて…
調べてみると、4年に1回、円錐状に剪定しているとか。そうだったのかー。
ホントにこれで天気さえよければねぇ。。。。

土日に出直しするか??
とも思ったんだけど、いやいや、雨の平日でこの人出。
土日の人の多さじゃ写真どころじゃなさそう。
しばらくは休みも取れそうにないから、
今シーズンの銀杏はこれで見納めかなー。

真っ赤なモミジもありました~!
モミジって、なんかカワイイよね♪

モミジ
社会復帰 その3 
水遊び

8月以降は、新しいお薬の効果もあって、
症状もだいぶ回復し、不安定さがだんだんとなくなってきました。
話しかけられたり、何か聞かれたりしたときも、
頭の中が混乱したり、思考停止したりしなくなってきました。
ひどい時は「風来さん、最近は調子どうなの?」と聞かれただけで、
「え~とぉ……」となったきり、ぱたりと思考停止しちゃってましたから。

また、ずっとつきまとっていた「おっくう感」も薄らいで、
本を読んだり、手芸をしたりという、
それまで出来なかった趣味に没頭することが出来るようになりました。
仕事の方も、やっとの思いで会社に来ていた頃とは異なり、
だいぶしっかりした前向きな気持ちで出勤できるようになって来ました。
勤務時間については、現在もまだ時間短縮ではあるのですが、
当初の失敗を踏まえ、焦らず徐々に、時間を延ばしている段階です。
だいぶ時間も延びてきたから、もうちょっとというところでしょうね。

また、人と会ったりすることも苦にならなくなりました。
人の多い場所へも、堂々と出て行けるようになりました。
…こう書くと、なんか変ですよね?
けれど、少しずつ自信がついて来たというか、
こういう当たり前のことが、当たり前にできるようになったのです。
症状の重いときには、当たり前のことが全く出来なかったのですから。
今では、やっと以前の自分に戻れたような気がしています。

とはいえ、ホルモン治療はずっと継続しているため、油断は出来ません。
抗ウツ剤も、まだ継続して服用中です。
先生の話だと、人は季節が冬に向かうときにウツになりやすいそうなので、
冬場の様子を注意深く観察し、大丈夫そうなら徐々に薬を減らしていくそうです。
つまり、今の時期は、かなり気をつけなければいけないということですね。
油断せず、焦らず、調子に乗らず…が大事なのかな。
このまま、こんどこそぶり返すことなく、完全回復したいものです。

(社会復帰の巻 終り)

社会復帰 その2 
復職してからのお話の続きです。

6月の半ば、精神科の先生から「終日勤務OK」の診断書をもらい、
いよいよ終日のフル出勤が始まりました。
これでもう、完全に普通の生活に戻れたのだと喜んでいました。
しかし日が経つにつれ…終日勤務はやはりハードだったのでしょうか、
どうも体調があまり上向きとはいえない様子です。
なんだかいや~な感じの「しんどさ」がぶり返しているようなのです。

順調だったはずなのに、一体どうしたんだろう?
やっぱり復帰を急ぎ過ぎたんだろうか…?
あれこれ考えているうちに、ふと、思い当たることがありました。

そういえば、生理が戻ってきた時、乳腺科の先生は言っていました。
「最近、安定してたでしょ?」
たしかにその頃は、ウツ状態はすっかり陰をひそめていたし、
更年期的な症状もあまり気にならなかったっけ…。
それはつまり、ホルモンの状態が正常に戻ってきていたから、ということ。
それを強引に、注射で再び抑えてしまったわけです。
当然身体はホルモンバランスを崩し、いきなり更年期状態に逆戻り。
ウツがぶり返すのも無理はありません。

そんなわけで、7月は散々でした…。
せっかくフル出勤に戻った勤務状態でしたが、
気分がすぐれず、休みがちな日々が続くようになったのです。
このままでは有給休暇もあっという間に使い切ってしまうし、
何より再び休職状態に戻ってしまう可能性もありました。
それだけは何とか避けたいところです。
会社側と相談し、再び半日勤務に戻して様子を見ることになりました。
また精神科の先生にも、ホルモン注射以来、症状が悪化していることを伝え、
処方する抗ウツ剤を変えてもらいました。
新しい薬は、抗ウツ効果の高いものでしたが、
今まで飲んでいた薬から切り替える際に、服用量の調整期間が必要だったため、
十分な効果が出てきたのは、8月になってからのことでした。

(もう一回続きます…)

社会復帰 その1 
11月ももうじき終わりですね…
ウツに悩まされて過ごした2007年も残すところあと1ヶ月。
あまり面白味はないと思いますが、
復職してから最近までのことを振り返ってみました。

     * * * * *

5月。半日勤務という条件付きながら、なんとか職場復帰をしました。
職場は社内でもわりと人数の少ない静かな部屋で、
私の席はさらに隅っこの、あまり人目につかないところでした。
まだ多勢の人と顔を合わせるのがしんどい時期でしたから、
私にとっては都合のいい場所だったのだと思います。
それでも、3か月も世間から隔離された状態だったため、
最初のうちは会社にいるだけでぐったりと疲れていました。

復帰直後は、さすがに神経が擦り減ったのか、
一時的に睡眠が浅くなってしまいました。
しかしそれも慣れて、体調も安定してくると、
今度は睡眠薬が効き過ぎるようになって来ました。
1日10時間以上寝ても、全然足りないくらいなのです。
こんな眠り姫状態では、とてもフル出勤は無理なので、
睡眠薬の量を少しずつ調整していきました。

6月。だいぶ朝向きの体調となり、そろそろフル出勤か…という頃、
私の身体にひとつの変化がありました。
昨年の抗癌剤治療以来、止まっていた生理が、戻ってきたのです。
(抗癌剤は生理機能をストップさせてしまうほど、強い薬だということですね)
乳腺科の先生からは、女性ホルモンの数値が回復傾向にあったから、
生理が戻るのは時間の問題、といわれていました。
ただ、乳がんの再発防止の観点からいえば、生理は止まっている方が好都合です。
(女性ホルモンが、乳がんにとって「エサ」の役割をしてしまうのです)
そのため、毎月1回、腹部に生理を止めるための注射を打つことになりました。
これが…回復傾向にあった「ウツ」にとっても、大きく影響することだとは…。
社会復帰も、なかなか一筋縄ではいかないようです。

(続きます)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。